未分類

白内障と視力回復には「ルテイン」眼科医の9割が推薦!

最近目がかすむ、手元の文字が見えづらくなった、ピントが合わない等の老化現象は、もしかすると恐ろしい病気のサインかもしれません!

このような目の老化現象の改善を期待できるのが眼科医も推薦する話題の成分「ルテイン」なんです。

視力低下の放置は要注意!

最近見えづらくなったけど、もう歳だから目が悪くなって当然よ!
なんて放置するのは要注意です。

目の老化現象は危険な眼病の前触れ!?
80代になると白内障の発症率がほぼ100%といわれています。また緑内障になると視野が徐々に失われ二度と元に戻らない恐ろしい病気です。この白内障を治す方法はただ一つ手術のみです。

目が悪くなる原因それは「光」

太陽の光は肌にも悪いことはご存知と思いますが、同じように目にとっても「光」は有害です。最近ではスマートフォンやテレビなどの光の影響も深刻となっています。

この光の刺激から目を守ってくれるのが「ルテイン」。目の病気を防いだり治したりさらには主翼も入れてくれる「ルテイン」。
「ルテイン」は、ブルーライトや紫外線などの有害な光を跳ね返してくれるので目が悪くなるのを防ぐ力があります。

「ルテイン」は世界中で研究されていて白内障や加齢黄斑変性という眼病疾患のリスクを軽減すると多数報告されています。
またそれだけではなく視力の回復も判明し「ルテイン」は、重要な成分として眼科医の9割が 推薦し 『目に良い成分』としてアメリカの調査で科学的に実証されています。

眼科医の9割が認める「ルテイン」
製薬会社によると眼科医の95%がブルーベリーのサプリメントよりルテインのサプリメントの摂取を推奨すると回答しています。
医療の場で信頼が厚く実際に患者さんに進めることもある成分、それが「ルテイン」です。

「ルテイン」は、年齢とともに減少

もともとルテインは目の中にある成分ですが、体内で作ることはできないため残念ながら年齢とともに減っていきます。

「ルテイン」は、摂取量が重要!

改善するには最低でも10~20mg/日の摂取が必要と言われています。
ルテインの眼病予防に必要な量は6~10mg/日、改善には10~20mg/日の摂取が必要されています。
ルテインを摂取出来るサプリなど様々な商品がありますが、その中でもルテインの量が断トツに多く入っているのが『朝のルテイン』なんです。
その量は、なんと40mgも入っているんです。

摂取するときの注意!
摂取するときに重要なのが吸収率。素材によって吸収率にばらつきがあるため吸収率の高いルテインを選ぶことが重要です。

朝のルテインをお試しの皆さんの声

女性
女性
目がゴロゴロしたり夜の車の運転では信号やライトのクレア現象に悩まされていました。色々なサプリを試しましたが半年ほど前に朝のルテインを試していますがグレアが小さくなりほとんど気にならなくなりました。 これを試してからは目の奥がスーッと軽くなるような感じになりもう少し続けてみようと思います。口当たりも良くて美味しいですがもう少し安くなれば言うことありません。
女性
女性
朝のルテインは私にとって手放せない食べ物になりました。右目の外側の方にギザギザした物が突然見えるようになりブルーベリーを2年以上飲んでいましたが全く効果がありませんでした。その後、 朝のルテインとプラセンタを食べるようになりいつのまにか気がついたらギザギザしたのが見えなくなったのにびっくりしました。ゼリー状なのでとても食べやすく、これならずっと続けられそうです。
女性
女性
朝のルテインを紹介されて飲み始めてから3ヶ月ほどになります。
以前は、老眼鏡をかけなければ文字が見えませんでしたが最近では老眼鏡なしでも見えるようになりました。
また自分の服装などに合わせ老眼鏡を使い分けていましたがルテインを飲み始めてからメガネをかけていると逆に目が疲れて外すことが多くなりました。

30日間全額返金保証

『朝のルテイン』を公式サイトで購入すると30日間全額返金保証が付いているので、もし合わない時は30日以内なら商品代金は全額返金してくれるので安心してお試しできます。
公式サイト以外での購入は、返金保証の対象となりません。



>>ルテイン40mg配合の「朝のルテイン」公式サイトはこちら<<